2014.05.31

OTGケーブル・ホストケーブル充電機能付き

外部Diskが認識されている。OTGケーブルは簡単に作れたり、100円ショップで購入が出来るようになりました。Dell の Backup and Recovery ソフトは、リカバリー時はフル充電でないと動作しません。リカバリーメディアを作成後に、リカバリ-をさせる時に満充電まで待たされます。
.
.
そこで、充電機能付きのOTGケーブルを自作しました。
出典は:このページ や このページ 

以下の条件で、このケーブルが動作するようです。

★ID端子は、解放にする。
★充電機能を働かせるには、タブレットに、電源を供給するときに
  D+ と D- が 0ボルトであることを知らせる。

この回路では、働かなかった。  立体配線図

USBの結線の様子  充電されている。
.
.
ID端子に100KΩを接続する方法は、失敗した。
D+ と D- の間に、1KΩ を接続する方法で、成功した。

接続する手順は、

1)あらかじめ、このOTGケーブルの電源供給USBコネクターに電源を供給して、
2)タブレットのマイクロUSBに接続する。
3)その後最後に、外部機器を接続する。


USBメモリーキーや消費電力の少ない外部機器は動作しました。
光学式マウス・2.5インチ外付けHDDは動作せず、
別途、電源を用意しないと動作しませんでした。

20140602追伸

  ウィンドウズの立ち上がり後でないと使えない!